使用していて修理が必要になりましたら、お気軽にご連絡下さい。

商品はすべてデザインが違いますので、お客様個々に対応をさせて頂きます。
まずはメールにて故障箇所を教えて下さい。

こちらの理由での故障でしたら、送料は負担いたします。
使用によっておきた故障でしたらお客様に送料を御負担頂きます。


糸切れ、カシメの取れなどは修理代は頂きませんが、
材料を買い足さなければいけない場合や大きな故障などは御代を頂くことがございます。

金具の取れなどは場合により、送料を考えますと手芸店や修理屋さんに頼んだほうが
安くできることもございます。
お客様にとってよい方法を考えますので、まずはメールにてご相談下さい。
革本来の質感や生き物の革で作っている、ということを大切に考えている為、
細かな傷のある部分や焼印部分も使用することがあります。
生きていればけがもするだろうし、その人(牛)の長年のくせなどで
傷になることもあるだろうし、と思っています。人間と同じですね。

わたしも3歳のころ大きなスピーカーにぶつけておでこを切った傷、
高校生のころ車とぶつかって自転車から落ち、
鼻の下を切った傷などなど生きていると傷だらけです。
そうそう、足の甲にえんぴつが刺さった傷もありました。
傷からどんな牛だったのかな、などと考えたりするのも楽しいものです。


ご使用前に防水スプレーなどをかけることをお勧めします。
ただ革やスプレーの種類によっては色むらになることもございますので、
見えない底の部分などでお試し後に全体におかけ下さい。

個人的には「ラナパー レザートリートメント」がお勧めです。
納品前に艶出し、防水のために塗っているものです。
革に栄養をあたえ艶出し、防水効果がありますし使用も手軽です。
手軽でないと続けるのは難しいですしね。
東急ハンズやネットショップなどで購入頂けます。


摩擦や水に濡れることによって色落ちすることがございます。
色の薄いお洋服を着用の際はご注意下さい。


「洗いにかけている」と記載してあるバックは仕立てた状態で洗いにかけています。
そのため裏地や縫い糸に革の色が移っているところがございますが、
革や布の風合いを第一に考えておりますのでご了承下さい。

革の色は水が溜まるくらい濡らさないとあまり色落ちすることはございませんが、
個々の革により差がございますので、
色の薄い洋服を着用の際は摩擦、水濡れにご注意下さい。